外壁塗装

  • 施工前

  • 施工後

  • 施工前(クリア塗装)

  • 施工後(クリア塗装)

  • 施工前

  • 施工後

  • 施工前

  • 施工後

外壁塗装の役割って何?

街を歩くとカラフルな外観の住まいが増えてきました。そのため塗装は住まいを美しく見せるためのものと思われがちです。
しかし、塗装の本来の目的は、雨や紫外線から住まいを守ること。
強い塗膜で外壁表面をコーティングし、外壁に水が染み込んだり、紫外線によるダメージで劣化したりすることを防いでいます。

▼塗り替えの目安は『12年~15年』
外壁を守っていくれている塗装も、経年劣化は避けられません。そのため定期的な塗り替えが必要不可欠。
立地環境にもよりますが、塗り替え時期の目安はおよそ12年~15年と言われています。
塗装の効果が切れた外壁をそのままにしておくと、外壁の劣化を早めたり、最悪の場合雨漏りを引き起こす恐れもありますので、ご注意ください。

▼こんな症状があったら塗り替え時!
□ チョーキング現象(触った時に白い粉がつく)
□ クラック(ひび割れ)
□ カビ・錆・コケ
□ 塗膜の剥がれ・めくれ など

上記のような症状があれば塗装の機能が落ちている証拠。すぐに当社までご連絡ください。

塗装の種類

◎シリコン塗装 塗料グレード:★★★★☆

「シリコン系樹脂」を主成分とする塗料を使用します。
アクリル塗料やウレタン塗料と比べても、耐久面に優れており、防水面も抜群!
近年価格が低下したこともあり、人気をあつめている塗料です。

塗装工事の流れ(例)

1.足場の設置
初日に足場(ピケ足場)を組み、足場全体にメッシュシートを掛けていきます。
メッシュシートを掛けることにより、塗料やホコリの飛散を防止し、塗装職人の安全を確保します。

2.高圧洗浄
塗装部分を高圧洗浄し、汚れを全て洗い流します。
大きな音を伴うため、この工程が近隣の方に一番ご負担を強いてしまう作業。
事前にしっかりとご挨拶をし、工事日程をご説明させていただくことで、近隣の皆様のご負担が少なくなるよう努めています。

3.下地処理
塗装を施す前に下地の補修を行います。
きちんと下地処理を行うことで、美しく長持ちする塗装が実現します。

4.養生・マスキング
塗装をしない部分をビニールで覆う作業です。
この工程も塗装工事には大事な部分ですので、腕の良い職人が作業にあたります。

5.塗装
基本的に下塗り、中塗り、上塗り(仕上げ)の3回塗りで施工しております。
3回塗ることで塗膜を厚くし、耐久性をUPさせます。

痛みが激しい時は4回、5回と塗ることもあります。

6.確認、補修
4で行った養生をはがすと、必ず塗料がはみでてしまいます。
その部分をしっかりと補修した後、目視で全体を隅々まで確認します。

7.足場の解体
初日に組んだ足場とメッシュシートを撤去します。
同時に周囲の清掃を行います。

※時間をかけて丁寧な仕事をするからこそ、他社との違いがはっきりとでます!

一覧ページに戻る